• この表をプリントする
  • ポートフォリオ機能


追加

この判例には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
平成10オ364債務不存在確認請求事件 判例 特許
昭和63行ツ10審決取消 判例 特許
平成6行ツ83審決取消 判例 実用新案
平成7オ1988特許権侵害差止等 判例 特許
平成13行ヒ142審決取消請求事件 判例 商標
関連ワード 考案 /  きわめて容易 / 
元本PDF 裁判所収録の全文PDFを見る pdf
事件 昭和 54年 (行ツ) 2号 審決取消
裁判所のデータが存在しません。
裁判所 最高裁判所第一小法廷
判決言渡日 1980/01/24
権利種別 実用新案権
訴訟類型 行政訴訟
主文 本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。
事実及び理由
全容
上告代理人野裕士、同角田嘉宏の上告理由について 実用新案登録の無効についての審決の取消訴訟においては、審判の手続において審理判断されていなかつた刊行物記載の考案との対比における無効原因の存否を認定して審決の適法、違法を判断することの許されないことは、当裁判所の判例の趣旨とするところであるが(最高裁昭和四二年(行ツ)第二八号同五一年三月一〇日大法廷判決・民集三〇巻二号七九頁参照)、審判の手続において審理判断されていた刊行物記載の考案との対比における無効原因の存否を認定して審決の適法、違法を判断するにあたり、審判の手続にはあらわれていなかつた資料に基づき右考案の属する技術の分野における通常の知識を有する者(以下「当業者」という。)の実用新案登録出願当時における技術常識を認定し、これによつて同考案のもつ意義を明らかにしたうえ無効原因の存否を認定したとしても、このことから審判の手続において審理判断されていなかつた刊行物記載の考案との対比における無効原因の存否を認定して審決の適法、違法を判断したものということはできない。
本件についてこれをみるのに、原審は、所論の乙一号証の二により当業者の右実用新案登録出願当時における技術常識を認定し、これにより審判の手続において審理判断されていた第三引用例に本件考案における密封包装の技術が開示されていると認定して本件考案が第一ないし第三引用例からきわめて容易考案することができたとした審決の判断を支持したものであることは、原判文に照らして明らかであるから、原判決に所論の違法はなく、論旨は採用することができない。
よつて、行政事件訴訟法7条、民訴法401条、、95条89条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。
裁判長裁判官 本山亨
裁判官 団藤重光
裁判官 藤崎萬里
裁判官 戸田弘
裁判官 中村治朗
  • この表をプリントする